チェコの文化 チェコ文学 音楽

意外といる!?チェコの芸術家

更新日:

チェコという国は小さく、今となってはあまり目立たないかもしれませんが、ここまでの歴史の中で育まれ、愛されて来た文化は非常に優れていると思います。数えきれない素晴らしい芸術家にゆかりのあるこの国ですが、まずは超有名どころをいっきにご紹介します。え!?あの人も?と意外に思う有名人もいるかもしれません。それではどうぞ!

1、チェコ音楽

ヴァイオリン

音楽といってもクラシックからポップス、民謡まで、チェコは素晴らしい音楽であふれています。
クラシックでいえば、『モルダウ(ヴルタヴァ)』が教科書にも載っているスメタナ、『新世界より』のドヴォジャークは超有名どころですが、ヤナーチェク、マルティヌーも素晴らしい音楽を作曲しています。モーツァルトも、プラハで大活躍しました。

2、絵画

ミュシャが特に有名ですね。


あーこんな小さな画像でも美しい・・。

ミュシャは、チェコ語では「ムハ」といい、蠅という意味です。こんな素敵な絵を描くのに蠅とはね。笑
アールヌーボー調作品が有名ですが、晩年に描いた20作品からなる超大作『スラヴ叙事詩』は、日本でも展覧会が催されました。こちらのほうが、チェコ国民には愛されている印象です。チェコやスラヴ民族の伝承・神話・歴史を描いていますからね。

ヨゼフ・ラダの素朴なイラストも、チェコらしくて可愛いです。

絵本作家に目を向けると、本当にたくさんの才能ある作家を見つけることができます。私の一押しはこちら・・・

ヨゼフ・パレチェク。
私が、チェコに興味をもったきっかけです。彼の生み出すイラストとの出会いがなければ、私は今頃チェコに住んでいなかったでしょう。
まあそんな私の話はどうでもいいので、とにかくこの美しいイラスト。
数年前、Tシャツ屋さんのgraniphさんとコラボして、Tシャツやワンピースが売られていました。日本のショッピングモールでパレチェク氏の絵がドドンと入った商品を見つけられる日が来るなんて。

3、文学

カフカ、カレル・チャペック、ミラン・クンデラ、フラバル・・・。(チェコ語の作品がある作家ばかりではありません。)


4、映像

巨匠イジー・トルンカの作るものはとにかく可愛い。日本人の心にささります。

また近年では、シュヴァンクマイエルの独特の世界観が、一部で熱狂的なファンを獲得しています。

  
 



以上、ざっと駆け足で巨匠の名前を挙げてきました。
ここまでだけでも錚々たるメンバーです。
作品を鑑賞するだけでももちろんその良さは味わえると思いますが、ぜひ一度チェコの国を訪れ、その作品を生み出した芸術家たちの生きた世界を感じてほしいです。さらに、チェコ語を習得すると、それらの作品にぐっと近づき入り込むことができます。そしてその作品が成立した背景や、芸術家の発した言葉などに直に触れる時、作品への理解がより深まり、ますます好きになっていくことでしょう!

好きなものがあるというのは、人生に活力を与えますね。
小さなチェコという国の中には、そんなすーんばらしい世界が広がっているのです。

こちらの記事も合わせてどうぞ。

-チェコの文化, チェコ文学, 音楽
-, , , , , , ,

Copyright© チェコ暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.