チェコ料理

スープもできる!紫キャベツのレシピ2つ

投稿日:

イースターエッグを作るのに買った紫キャベツ。卵を染めてひとしきり楽しんでもまだ大量に余っていたので、消費しました。そのレシピ二つを紹介!

まずは基本のザワークラウト
これはドイツ語です。チェコ語ではkysané zelí(キサネーゼリー=酸っぱいキャベツ)といいます。
本来は2〜3週間発酵させて作るから酸っぱいのですが、発酵させる系は、温度管理なども大変です。家庭ではお酢を使って「なんちゃって」ザワークラウトがお手軽で早い!

なので、ザワークラウト「風」のレシピです。

それにしても驚いたのが、紫キャベツのレシピを検索しても95パーセントがザワークラウト。笑

ザワークラウト風、キャベツの炒め煮

材料

  • キャベツ 500g
  • 玉ねぎ 2個
  • 水 250ml 
  • 小麦粉 大2
  • クミン 小1
  • お酢、砂糖、塩

1、切って、炒めて、煮込みます。

・玉ねぎを薄くスライスして、鍋に入れる。オイル、クミンを入れてしんなりするまで炒める。

・キャベツを細切りにして、鍋に入れ、こちらもしんなりするまで炒める。

・水を入れ、蓋をして10分間煮込む。

2、味付け。

・好みによりお酢、砂糖、塩を入れる。

3、とろみ付け。

・小麦粉と水を1対1で混ぜ、鍋に入れ、とろみづけをする。

・さらに10分煮込む。

完成!

市販のザワークラウトは酸っぱすぎることが多々ありますが、自分で作るとなると好みの味にできるのが良いですね。(ザワークラウトにあるような乳酸菌の恩恵は受けられませんが・・・)

クミンはさっぱりした風味が付きます。好き嫌いがあると思いますが、入れるとよりチェコっぽい味になります。チェコ料理はクミン大好きですから。

簡単すぎてもう終わってしまいましたが、さあメインはこちら!紫キャベツとりんごのスープも作りましょう。

紫キャベツとりんごのスープ

30分/4人前

材料

  • 紫キャベツ350g
  • 玉ねぎ 大1個
  • にんにく 2個
  • りんご 1個
  • ブイヨン 1リットル
  • ローリエ 2枚
  • くるみ 適量
材料
ブイヨンのもと

これはブイヨンのもとです。粉末状のスープの素。だしのもとみたいなもんです。ここに塩も入っているので(けっこう濃いめに)、レシピでは塩は使いませんでした。

下準備

・玉ねぎを大きめのみじん切りにする。

・紫キャベツを小さめのざく切りにする。

・にんにくをみじん切りにする。

・りんごをくし切りかさいの目切りに切る。

メモ!全体を最後にミキサーかけるので、ざっくりと切るのでOKです。

1、炒めます。

・玉ねぎを鍋に入れ、オイルで炒める。

・透明になってきたら、紫キャベツ、ニンニクを入れ、10分ほどよくかき混ぜながら炒める。

2、煮込みます。

・紫キャベツがしんなり柔らかくなったら、りんごを入れ、ブイヨン、ローリエを入れる。

メモ!ローリエは半分に折っていれるとより良い香りが出ます。

煮込む

・沸騰をキープしたまま、軽く蓋をして15分煮込む。

こんな感じになりました。

・ローリエを取り出す。

・飾り付け用に、スプーン4杯分のキャベツを取り分けてくす。

メモ!スープの中に固形キャベツが残っている方が好みという方は、ここで多めに取り分けておきミキサーしてから戻します。

3、ミキサー!

・ミキサーで全体が滑らかになるまで混ぜます。私は鍋にハンドミキサーを突っ込んでガッとやっちゃいます。

mixer

・皿にスープを入れ、取り分けていた紫キャベツ、軽く砕いたくるみを乗せて飾り付け。

完成!

スープ完成

りんごのほのかな酸味が爽やかです。途中味見をして、お好みで酢(りんご酢)を足してもいいと思います。紫キャベツとなると、どうしても酸っぱめに味付けしたくなる気分。

Dobrou chuť!(ドブロウ フッチュ!)
召し上がれ!

-チェコ料理
-, , ,

Copyright© チェコ暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.