チェコ語

決定版!初心者にオススメ、チェコ語学習書

投稿日:

知識ゼロだけど、独学でチェコ語の世界に入っていきたい。」

そんな無謀なチャレンジを試みたい奇特な方、いらっしゃいますか?
何をかくそう、私もそうでした。

日本語のチェコ語参考書ってまだまだ多くはありません。

とはいえ、取り組む順番を間違えれば、「チェコ語、無理ゲー・・・」と早々に挫折してしまうのでは、と思います。ものには順番ってものがありますから。早期離脱しないためには、この順番に触れて行くといいのではないかと思います。

チェコ語学習者にとっては王道の参考書3冊を、実体験と実生活を踏まえてご紹介していきます。

1、チェコ語表現とことんトレーニング(「とこトレ」シリーズ)

高橋みのり(著)/白水社


体感レベル:A1(〜A2)
サクサク度:★★★★★
対象:今から初めてチェコ語を学習する人

1つの課で1つの文法をドリル形式で学び、見開き1ページで完結する。サクサクと進められる分量、難易度。
わからない単語が多すぎるとそれだけでやる気が失せてしまいますよね。その点、この本は初めて取り組む人にとってはいいバランスだと思います。サラッとチェコ語の基本的な部分をさらうには最適と思います。
まず例文が簡潔に提示され、何を学習するのかを明確に知ることができます。そしてそのあとはひたすら似た文章を組み立てる。まさにドリル。結局は、手を動かして繰り返さないと身につかないですもんね。

2、ニューエクスプレスプラス チェコ語《CD付き》

保川亜矢子(著)/白水社


体感レベル:A1〜A2
サクサク度:★★★★☆
対象:初めてのチェコ語学習で、文法用語に抵抗のない人

1のとことんトレーニングで、ざっと概要をつかめたところで、本格的に文法を体系立てて勉強していきましょう。こちらの本は、文法用語を使ってきっちり細かく解説されています。
真面目に取り組むには素晴らしい入門書ですが、私のように漢字の羅列された文法用語が頭に入らんのやわって方は、ちょっと頑張らないといけない。だからこそ、まずはひとつ前に紹介した本から入って、あ、なんかいけるかもって感覚をつかんでからこちらにトライしてみてほしいです。
 

3、チェコ語の基本 入門から中級の入り口まで CD付

金指久美子(著)/三修社

体感レベル:A1〜B1
サクサク度:★★☆☆☆
対象:まじで本格的に文法を勉強したい人、殺風景な格変化表を覚えることが苦にならない人

「しっかり初級文法を学べる硬派な入門」とあるように、本格的にチェコ語を勉強する人向けに書かれた本です。ハッキリ言って、なかなかのハードルの高さです。難しい文法用語もバンバン出てきますし、文章ばかりで、新しい単語もどんどん出てきます。7格×2(単複)の格変化表も、バン!はいこれ覚えて!という感じで提示された日には、何度挫折しかけたことか・・・。

あー無理〜・・・と思って脱落しかけた時に、あれっこの問題ちょっと解けたぞ?という感覚に出会い、なんとか首の皮一枚つなげながら走りきった一冊でした。そういう意味では、問題もよく出来ているし、全体的なレベルのバランスは良いんじゃないでしょうか。さすがです。

一回通した位で身につかないのは重々承知ですが、この複雑な言語のこんな分厚い参考書をやりきったというのは、結構自信がつくものです。この本をマスターすれば、チェコで生活する分にもほとんど困ることがなくなると思います。(あとはただひたすら単語を鍛えれば!)
 



(番外編)ČESKY KROK ZA KROKEM

体感レベル:A1〜A2
サクサク度:★★★★☆
対象:チェコ語初心者、英語の解説

ごめんなさい、日本では販売していない学習書です。でもでも、これを推さずしてオススメ学習書を語れません。

こちら、チェコで販売している外国人向けの学習書です。まず、分かりやすい!会話CDも聴きやすいし、面白い。それと秀逸なのは、ひと単元につきメインで学習するテーマが明確で、しかもシチュエーションを想定した内容になっているので、記憶に残りやすいのと、実戦でも使いやすいです。

例えば、4格(目的格)を学習する単元では、テーマはレストラン・食事になっています。コーヒーを飲みます。 Dám si kávu. ・・・などの文章を学びながら、同時に「お腹がすいた」「メニューをください」「支払いします」などのフレーズにも触れられます。単語もたくさん出てきますが、シチュエーションに関連しているので、覚えやすいです。

私はこの学習書とは、チェコの語学学校で出会いました。授業は最初からチェコ語オンリーでした。上記に挙げた日本語の学習書で多少の予習はしたとはいえ、会話経験皆無、知識ゼロに近い状態だったのに、この学習書と素晴らしい先生のおかげで、理解し勉強していくことが出来ました。

日本で手に入らないのが残念です・・・。チェコ旅行をされた際、本屋さんの語学コーナーで自分へのお土産に購入されてください!
(その際の注意点・・・少しだけある文法解説が英語・ロシア語・スペイン語・・・と種類が複数あるので、中身を確認してくださいね。あと、同じ場所に置いてある「文法まとめ表」も最高なので、一緒に購入をおすすめ!)


 
以上です。
番外編は少しイレギュラーでしたが、最初の3冊も日本語で学習する際には大きな手助けとなること間違いなし!独学でする場合、細かな文法の解説は母国語で読むのが一番理解が深まる、というのは間違いないですから。

あと、学習ばかりじゃつまらないですよね。モチベーションを高めるためにも、チェコ語に関する読み物やら音楽やらを同時並行で楽しみながら勉強するのがいいと思います。

よく言われるのが、英語は入りは簡単だが、ビジネスレベルにもっていくのが難しい。チェコ語は入りから難しい、それ以上はもっと難しい!(泣)
難しいムズカシイ・・・聞き飽きた!ってね。

ただ、ある程度のレベル(B1〜B2)まで到達すればパズルを解いている感覚になってきます!そこまでくれば、しめたもの。チェコ語がわかると、チェコの文化への理解もますます広がって、楽しくなること間違い無しです!


 
こちらの記事も参考に!

-チェコ語
-, , , ,

Copyright© チェコ暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.